新規購入

M'S GRACY水色ロングコート,

コンプレッサーの稼働効率維持・省エネ・延命化のために

羽田コンプレッサーでは、工場の使用環境、使用頻度を調査し、配管のレイアウトなども含めて低コスト・省エネの最適なコンプレッサーをご提案しています。新規購入をお考えの方はお気軽にご相談ください。

お知らせ

お知らせ

新規ご購入のお客様限定!

コンプレッサー(圧縮機)の選定時に
押さえておきたいポイント

  • 1.

    必要な吐出し圧縮空気量はどのくらいですか?
    (圧縮空気を1時間にどのくらい使いますか?)

  • 2.

    必要な圧縮空気圧力はどのくらいですか?
    (最低圧力はどうでしょうか?)

  • 3.

    どんな圧縮空気が必要でしょうか?
    (クリーンエアが求められていますか?)

  • 4.

    周辺機器:ドライヤー、タンク、フィルター、空気配管は必要ですか?
    (圧縮空気とあわせて考える必要があります)

  • 5.

    コンプレッサー設置環境はいかがでしょうか?
    (吸い込む空気はいかがでしょうか、周辺への騒音や振動の影響は?)

新品【IENA LA BOUCLE】ダブルフェイス オーバーコート 直営店に限定

新品【IENA LA BOUCLE】ダブルフェイス オーバーコート
新品未使用のお品です(^^) ▼サイズ 38 ※詳細は写真のサイズ表を参考ください。 ▼素材 ウール100% ▼購入価格 79200円 ================================ 【2019AW】 IENA LA BOUCLE IENAとEDIFICEから新しいコンセプトブランドが誕生。 コンセプトは「ありふれた日常に、ちょっとした非日常を」。 ダブルフェイス生地で仕立てたオーバーサイズのコート。 ノーボタン仕様で、さらりと気兼ねなく羽織れます。 シンプルながらも、大きめの襟が顔周りを華やかに彩ってくれて◎ ルーズなシルエットも重たすぎない印象で着られる、柔らかく軽い素材感もポイントです。 今季注目のブラウンと、優しいニュアンスカラーが、こなれた着こなしを仕上げます。 ********************** 透け感:なし 裏地:なし 伸縮性:なし 光沢感:なし 生地の厚さ:厚手 ********************** 【スタッフ着用コメント】 《hareko》 20代後半/身長:165cm/体型:細身/普段サイズ:S~M /着用サイズ:38 サイズ感:袖丈は手の甲にかかるくらいで長め。着丈は足首が少し見えるくらい。全体的にボリュームがあるアウターです。 素材感:ギュッと圧縮した厚手のフェルトという感じ。温かみがあり、表面の手触りも良いです。 着心地:アームホールにもゆとりがあり、少し厚めのニットを着ても問題なく袖を通せそうです。ベルトが付いているので、軽く前を閉じても可愛かったです! ********************** 素材···ウール フード···フードなし 着丈···ロング 柄・デザイン···無地 カラー···ブラウン -------------------- プラージュ トゥモローランド イエナ SHIPS スピック&スパン Drawer ドゥロワー Deuxieme Classe ドゥーズィエムクラス ギャルリーヴィー デプレ マカフィー ドレステリア アパルトモン IENA ENFOLD ドロワー ナノユニバース ------------------------

オーバーコート BOUCLE】ダブルフェイス LA 新品【IENA ロングコート 直営店に限定

オーバーコート BOUCLE】ダブルフェイス LA 新品【IENA ロングコート 直営店に限定

オーバーコート BOUCLE】ダブルフェイス LA 新品【IENA ロングコート 直営店に限定

  • 2.00

    いくらかの矛盾。深いテーマが勿体ない

    翡翠

    先人たちが詳しいレビューを書かれてますので、私は気になった点を。・登場人物たちのメンタル強すぎ。 突然の非日常に、発狂状態に陥るキャラがほぼいません。 そういう意味ではただ視聴者としては見てて痛々しいだけで 登場人物との温度差に逆に冷静になります。・グロ演出が、同じようなのが長すぎてだれる。・未開の人種のイメージが悪くなるだけの人も多そう。 もうちょっと、活動家側も相手を理解しないといけない、 (それが礼儀でもあると考えます)みたいな要素を 明示した方が良かったのでは。・意外性に薄い。だいたいこうなるんだろ?が大抵あっている。環境破壊や開発、その裏側などのテーマが良かっただけに、特に3番目はもったいない…かといってただの啓発映画にしなかったことで普段見ない層に訴えかけるのは、ある意味この作品の活動家に通じるところがあり痛快でもありました。あと主人公はもうちょっと叱られるべき。いくらなんでもやらかした事に対して文明社会からの制裁が無さすぎる。特に親は立場や環境も含め軽率さを深く戒めた方がいいと思う。また、考察レビューを加味しても、主人公たちをを襲撃したこと、閉じ込めたことは謎で、考察レビューが正しいとすれば矛盾しているように思います。襲撃さえなければその後の誤解も無かったかもしれないゆえ、脚本の都合のように思えてなりません。もうちょっと違ったアプローチはなかったのか。本当に勿体ない。例えば墜落のショックで気を失って気が付いたら…とかやりようはあったはずが、グロ描写のために、制作の都合で歪んだ感じ。

  • 3.00

    銃は弓より強し

    kouchan

    面白くないのを覚悟で観賞した。確かにグロテスクで気持ち悪いのだが、そこはもう慣れっこである。私はホステルのように、やり返しのパートが必要だったと思う。自動小銃を構えた傭兵がヤハ族をこれでもかと薙ぎ倒すシーンを、まだかまだかと期待した。やっと来たと思ったら数十秒で終わり。ジャスティンが間に入ってしまった。このような映画には救いは求めていない。理不尽な暴力と、対する手加減なしのやり返し。これこそ私の楽しみだ。ナタでやり返しても工夫がないので、話の組み立て方から言ってもやはり近代兵器だろう。ヤハ族が手も足も出ずにボコボコにされる尺がもう少し欲しかった。

  • 3.00

    食人族をテーマにしたスプラッタホラーです。

    jungle カスタマー

    これフィクションなんで・・・。他の一部の人が感じているような慈善活動の裏側だったり特定の部族がどうだって感想をもってしまうのはマズいのでは?と単純に心配になります。裏のメッセージなんて入ってないと思いますよ。食人族をテーマにしたスプラッタ映画を撮りたくて、大学生をその場所に連れていくには・・・と考えてこういう設定になっただけです。(多分)相手が食人族ということで、ホステルみたいな下衆に殺される理不尽感は無いです。恐竜やサメに食われるのと似てます。見せ場は食人シーンぐらいでしょうか。スプラッタ以外の目的で観ても面白くないと思います。

  • 3.00

    アホなガキに変えられるほど世界は甘くなかったw

    えむ

    頭の中お花畑の世間知らずお嬢ちゃんがはっちゃけた挙句痛い目にあったお話。傲慢にも自分が「守ってあげた」部族に襲われるという皮肉w野蛮な習慣を今も続ける食人部族な割におっぱいとちんこ隠すだけの羞恥心はあるのねw

  • 5.00

    これはブッ飛んでいる!

    レッドソマリ

    まず主人公の女(あくまで設定でそういう役柄なのはわかってますが)がお嬢様育ちで世間知らずのくせにやたら生意気で理想を追っかける姿勢に非常に胸糞悪くなっちゃいますwそんでもってやめときゃいいのに南米の森林伐採妨害ツアーにノコノコ出かけて武装した企業側の奴らに殺されそうになるんですがそこで第二の主役とも言えるアレハンドロが彼女の生まれ育ちを上手く利用して難を逃れてオマケに活動団体の知名度が一気にアップしちゃいます。それが気に食わない女はブスっとしていますが(そんなもん当たり前だろボケェと言いたくなるが)突然飛行機が落下↷wそしたら企業側と対立している食人族の原住民に捕まっちゃいますw道理的には守ったはずの奴らに喰われるハメになっちゃいました!これはかなりメシウマなんですが気持ち悪いんで実際は飯が不味くなりますw極限状況で人間の色んな本性が表れてくるんですが作中で批難囂々のアレハンドロですが、いや~コイツは肝が据わっています。個人的にはすごい好きなキャラですねえ。まあとにかく本作では理屈ばっかりコネてる親のスネかじりどもが一旦文明の外にほっぽり出されて尚且つ順番に喰われる恐怖にビビりまくる訳ですが、牛やブタの気持ちが分かったら飯残すんじゃネーぞバカ野郎!とか思っちゃうのですがイヤ~ホントだったらマジ怖いですよねwでラスト、ネタバレは避けますが主人公の女、こいつ嘘つきやがって怒りが湧いてきました(怒)ホントにこういう女は生理的に嫌いです。嫌いなんですがアレハンドロの逆襲を期待して★5つ!※いやいや、なかなか凄い映画で役者さんたちも本当に大変だったでしょ!

  • 3.00

    見方によって全く変わる映画

    ドイヒー

    以前から気になっていた作品でしたが、かなりグロい映画なので躊躇していました。今回、覚悟をきめて視聴・・・初めて見た感想としては「胸糞食人映画」でしたが、レビュー欄で細かい見解を書かれていた方のレビューを見て印象が180度変わりました。なるほど、納得です。いや救いですか。この映画、最初に食われた人を見てから主人公達の気持ちと同じ気持ちになって見ていました。何も知らずに見た人にはただの胸糞食人映画ですが、様々な部族の風習などの知識がある人が見れば全く違う感じかたになりますね。映画の最初に様々な部族の風習や儀式の講義を受けてるシーンがあるのですが、映画の最後に部族の風習や儀式に詳しい研究者が主人公達に起こった事の意味を教えてくれるシーンがあればまた違ったのではないかなと・・・

  • 3.00

    変わらない物がある

    西洋なすび

    といってもよい意味ではなく、代わり映えしないという意味。初代『食人族』を子どもの時に劇場に鑑賞しに行った時から感じているが、続くドキュメンタリー風の食人族映画は、なんだかいつも同じようなものばかりである。2015年作のグリーンインフェルノも全く同じである。今回はファウンドフッテージというニュアンスは使っていないのでフィクション色は強くなっているが、導入は未開地民族の保護活動から始まるちょっと社会派な導入である。ところが保護活動をしているつもりが、原住民に拿捕されて食べられちゃうわけである。SNSでライブ配信(ファウンドフッテージにする必要かなくなった理由?)だとか今風要素もあるにはあるが、解体や食人シーンも昔ながらの特殊造形と見えにくいカット割りで表現している。出来はあんまりよくない。なんでCGを使わないのか、予算がないのか?レトロでアングラな感じを出したいのか?見せ方だけなら過去作の方が優れている、造形にしてもどっこいどっこいであるのであまり評価もできない。新作を作るのならもう少し頑張ってほしい。あと無意味なカットで無修正チンコ

  • 3.00

    危険で美味しい食べ物

    さらさ

    人間を食すシーンは素晴らしい出来だと思う。ストーリーは捻りはなくさらっとしているのでグロテスクとのバランスが良い。人間は豚みたいな味で美味しいらしいけど、食べると様々な病気にかかり結局は病に苦しみ死に至る。生でも煮ても焼いてもダメらしい。これがなかったら人間も共食いしてあっという間に絶滅していただろう。

  • 3.00

    気持ち悪いので他人には薦めない

    reptilian

    大航海時代には船乗りたちが酒場で酔っ払って「南の島には人間を食べる植物が生えている」とか「地球は平らで端っこまで船で行くと海から落ちる」とか「世界一高い山には天使が住んでいる」とか馬鹿なホラ話で他人を騙して遊んでいた。「南のジャングルには人間を殺して食う野蛮な部族が住んでいる」というのもそういうホラ話の有名なバリエーションの一つで起源は非常に古いと思う。もしかしたら古代ローマ帝国の時代にはあったかもしれない。監督のイーライ・ロスは残虐なシーンの多い映画マニアの間では結構な有名人で代表作は「ホステル」かな?古典的なホラ話だと書いてしまったが実際に人間を食べる少数民族は存在する。彼らにとっては人肉は貴重な動物性タンパク質なので年に一回ぐらいしか食べられない贅沢品だと言える。つまり食糧不足が深刻な地域なのだ。なんでそんな地域に人間が長く住んでいるのか?というのは疑問として誰でも感じるはずだが詳しいことは解からない。プリオン病の研究をしていた人々の間で「クールー」という病気が有名になったことがある。これは人肉食が原因だった。古代中国にも人肉食の記録が有るし、古代アステカ文明など祭壇に生贄を捧げて祈る宗教は世界各地に存在する。映画の話に戻るが正直に言って気持ち悪い。こういうのが好きなホラー映画マニアが世の中には結構いる。彼らに言わせると「怖くない」んだそうだが俺には十二分にグロテスクで怖かった。「安く楽しめて良かったじゃないか」とか言われそうだが俺は悪趣味だと思う。数年に一度観たらもう充分だ。通して観ると主人公の行動の理由がよく解からない。彼女は17~18歳ぐらいの美人女子大生で父親は国連の職員。父親の服装や食事シーンを見ると洗練されていて自信に満ちており、アメリカの慢性的な失業問題などから類推すると平均以上の生活をしている。「世間知らずの少女が悪い男に騙されて酷い目に遭っただけじゃないか」と言われたら返す言葉が無いが、彼女の容姿や生活ぶりからは簡単に騙されるタイプには見えないのだ。ルームメイトも美人で毒舌が上手い。そうすると「何故あんな男に騙されてホイホイ外国なんかに行くのか?」という疑問を感じてしまう。「ホラー映画の王道パターンをなぞって作ったから」と言うのであればそれもその通りではある。

  • 4.00

    ただのスプラッタではない

    Amazon カスタマー

    ☆良いところ最初の解体シーンはかなり衝撃的でグロかったが、そのあとの食事までのシーンが非常によくできていて、食人がしっかりこの人たちの文化として根付いているというのを丁寧に描いていたのが印象深い。設定資料とか読みたくなる。文化としての「食人」に興味ある人は刺さるものがあると思う。そういうテーマありつつ、王道パニックホラー的要素も意外としっかりしていて、助かるのか逃げ切れるのかハラハラするシーンはしっかりハラハラさせてくる。マリファナ入りウン娘ちゃんの香りで村人がイッちゃうところはちょっとシュールで笑えるし、いわゆる緊張と緩和のバランスが非常によくできている。このマリファナとか主人公のネックレスとかレズ姉さんの刺青とか、小物の印象付けと伏線回収も上手かった。印象薄いキャラと嫌味キャラをさっさと飛行機墜落で退場させたのも良い。反抗的なキャラが多いと牢獄シーンで見てるほうがイラついてくるから、敵はアレハンドラだけで、他みんなが協力的なところは見ていて安心できた。そういうB級映画でありがちな、いや無駄なことしてないで早く逃げろよとか、あの伏線っぽいのはなんだったんや…がなくて、そういう部分で見終わった後にモヤモヤしないのも良い。でもラストは気持ちよく終わらせずに、いい意味でモヤっとさせるのは映画全体の雰囲気とあっていて良い。あと主人公可愛い。☆残念なところ割とマジで批判したくなるシーンはほぼなかったけども、リアルさが際立つ中で処刑人と酋長はちょいSF感があって、殺人を楽しんでる感があるのが嫌な感じがした。主人公の敵だというのを際立たせるためにあえてやっているのかもしれないけど、個人的には残念ポイント。もっと命を奪うことに敬意持ってる感が出てたほうが好み。あとはラストの脱出シーンで、川に入って身体のメイクが綺麗に落ちてくれると思ったらそうでもなくて残念。折角のエr…拘りの衣装なのに白塗りでは抜k…勿体無い。

オーバーコート BOUCLE】ダブルフェイス LA 新品【IENA ロングコート 直営店に限定

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

オーバーコート BOUCLE】ダブルフェイス LA 新品【IENA ロングコート 直営店に限定

弊社取扱コンプレッサーおよび補器の例

エアーコンプレッサー

スクリュコンプレッサー
給油式無給油式
レシプロコンプレッサー
給油式無給油式
スクロールコンプレッサー
給油式無給油式
  1. ホーム
  2. ロングコート
  3. オーバーコート BOUCLE】ダブルフェイス LA 新品【IENA

【取り扱いメーカー】

  • 日立産機
  • コベルコ
  • 北越工業ほか

コンプレッサー付帯機器

ドライヤー ラインフィルター
(アフター、ミスト、活性炭)
オートドレントラップ
空気槽 ドレン処理装置

上記に取り上げた製品以外もお取り扱いしています。ご希望のメーカーや製品がある場合はお気軽にご相談ください。

目的からコンプレッサー
(圧縮機)を探す

コンプレッサーの種類から選ぶ

ご相談はお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

エリ様専用 FENDIベロアコート リバーシブル

お問合せからご購入までの流れ

  • お電話/メールによる
    お問合せ

    お電話による状況確認

    必要情報を教えてください。

  • 営業部員による
    ヒヤリング/現地調査

    技術士が現地にお伺い

    使用用途、電気容量
    搬入経路、空気配管など

  • 御見積書にて
    ご提案

    修理一時対応

    仕様/納期/価格/工事日程

  • 比較検討後ご注文
    弊社にて各種手配

    部品発注

    車上渡しも可能

  • 設置工事完了後
    お支払い

           お支払い

    各種支払方法ご相談可能

  • アフター
    フォロー

    アフターフォロー

    定期点検整備推奨